テニスでよく起こる、、、 2

テニスでよく起こる、、、 2

投稿日
2018年11月24日 (最終更新:2018年11月24日)
カテゴリ
テニス肘

こんにちは!
三日月整骨院の小林です!
前回はテニス肘の症状について書いていきましたが
今回はなぜ起こるのか、どう対処していくのかをお伝えしたいと思います。

前回の記事でもお伝えしましたが

テニス肘はオーバーユースで主に短橈側手根伸筋という筋が損傷し症状が出やすいです!!!

ではなぜその筋肉が損傷しやすいのか!?

腱の変性により痛めやすいのもありますが
骨の歪みによって影響してくることもあります。
例えば、

骨盤の左右の高さが違うことにより

バランスを補うために肩甲骨の位置もズレてきます!!!
肩甲骨がズレることにより、その先の腕の骨もズレていき、
timeline_20180730_013649
肘や手首まで影響が出てきてしまいます!

そうして関節・筋肉に負担がかかり続けると・・・

どうなるかわかりますよねm(._.)m

テニス肘になってしまった場合は
もちろん早めの受診をお勧めします。
また肘のサポーターをし安静にしとくことにより
より炎症を抑えることができ改善も早くなってきます!!!!

でもまずは
怪我をする前に予防(正しい骨の状態)を

することも大事になってきますよね!!!

気になる方は是非スタッフにお声掛けください!!!

症状について詳しくはこちら

テニス肘

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加