やっぱりこいつが原因!?〜肩のトラブル編〜

やっぱりこいつが原因!?〜肩のトラブル編〜

投稿日
2018年4月11日 (最終更新:2018年4月12日)
カテゴリ
四十肩・五十肩

こんにちは、三日月整骨院の町田です。

 

やはり男女通じて多いです、肩のお悩み・トラブル

肩こりにはじまり、四十肩・五十肩。

 

これを見ていただいている方の中には「まだ20代だよー」なんて声も聞こえてきそうですが、

そう、当院のお客さまでも、肩に関して悩んでいる人は年齢なんて関係なく、下は10代から90代まで幅広いんです。

 

なんでもかんでも歳のせい??なんて言いますが、

そうでもないってことです。

 

ではなにが本当の原因なのでしょう?

生活スタイルや仕事で一人ひとりダメージの受け方は確かに違います。

そんな中で、唯一みなさんに共通していることがあります。

 

それは、背中が固く、ストレスフルであること。

 

みなさん思い当たる節があるのではないですか?

これは「自律神経」が深く関わってきます。

 

images

 

テレビなどでもおなじみ、”交感神経””副交感神経”というやつですね。

中でもとりわけ”交感神経”が関わってきます。

 

交感神経は主に、

 

・闘争や緊急時

・予期しないトラブル

 

が起こった時に活動します。勘違いしていけないのはこれ自体は自分を守るために必要なことなのです。

トラブル回避のため「ここは頑張らないといけない」ってスイッチONにしてくれるのです。問題はONになりっぱなしってこと。

日常的に肩の痛みがある人の生活習慣で多いのが、

・慢性的な寝不足

・飲み過ぎ食べ過ぎ(特に夜間)

・人間関係がちぐはぐ

こんな状態で交感神経の頑張りすぎが、背中を固くし肩甲骨の動きを悪くしやがて肩関節の痛みまで引き起こします。

 

「そんなことわかってるよ!」

「それが解消できないから困ってるんだ」

と言いたくなるお気持ちお察します。

 

ではどうしたらいいか。

副交感神経=”リラックスの神経”を刺激してあげればいいんです。

 

なぜ、三日月整骨院で施術を受けたお客さまは、次々と肩のトラブルが解消していくのでしょうか?

「ガチガチに固まった筋肉を、ゴリゴリのマッサージでほぐしてくれるから?」

違います。

実は施術を受けている最中、つい眠ってしまうお客さまが多いんです。そこに秘密があります。

知らない間に眠ってしまう施術とは?

次回、その秘密に迫ります。 →GO

 

症状について詳しくはこちら

四十肩・五十肩

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加